プログラミングスクールの選び方!おすすめスクールと3つのチェックポイント(とウェブカツ)

f:id:soybelln:20190628210035p:plain


こんにちは、プログラミング学習者のSoyです。

プログラミングを学びたい!でもお金がかかるからスクール選びには失敗したくない!

そんな心配ありますよね。選択肢がありすぎてどのスクールが良いのかわからないし、オンラインスクールだと孤独だから継続する自信がない......。

未知の世界に足を踏み入れるときって、なにかと不安がつきないものです。

そこで今回は、

プログラミングスクールの見極め方

プログラミングスクールを比較するときの3つのチェックポイント

本当にオススメできるオンラインプログラミングスクール

をご紹介します!

目次だよぉぉぉーーーーーーーーーー

本当に良いプログラミングスクール?巷に溢れるウソ情報にご注意

プログラミングスクールで確認すべき3つのポイント

- 本物の生徒の声

- 生徒の成果物

- 講師の経歴

Soyおすすめのプログラミングスクール「ウェブカツ!!」

- ウェブカツの良いところ

- ウェブカツの悪いところ

- その他のおすすめスクール

 

本当に良いプログラミングスクール?巷に溢れるウソ情報にご注意

「プログラミングスクール おすすめ」

「プログラミングスクール 比較」

このようなワードで検索すると、プログラミングスクールを紹介している記事がたくさん出てきます。とても詳しく書いてあったり、自分の体験談としてメリットやデメリットを紹介していたり...。

そして、最後にはお決まりのリンク!そこから直接スクールのホームページに飛べるよう、親切に設置してくれています。

でもこの親切なリンク、実はほとんどアフィリエイトリンクなんです。

アフィリエイトとは、成功報酬型広告のこと。このリンクから売上が立つと、リンクを貼った人(ブロガーやサイトの運営者)に報酬が入る仕組みです。つまり、ブロガーやサイト運営者さんたちは、この報酬のために記事を書いているということがわかりますね。

その情報が「真実」であれば、アフィリエイト記事は悪いものではありません。

だけどプログラミングスクールのアフィリエイト記事って、だいたい「ぼくは行ってませんけどオススメです」とか、「体験談」とうたいつつただの無料体験記だったりだとか、信用するに値しない記事が多いんです!

あとは、ここで必要な知識をつければ高額案件が取れるので実質無料!みたいな宣伝文句もありますね。実質ってなんだ(笑)じゃあ実質無料になる目処がついたら支払いするからまず勉強させて〜!

「転職成功率が98%で返金保障制度があるから安心」もよく見ます。その転職先、これまでにどんな条件の会社があったのか教えてくださーい!

アフィリエイトリンクかどうか見分けるのはそんなにむずかしいことじゃありません。「アフィリンク 見分け方」で検索してみましょう。(短縮URLを使っているアフィリエイターもいますよ〜)

*アフィリエイトを批判する意図はありません

プログラミングスクールを選ぶときに確認すべき3つのポイント

ではどうすれば「本当に良いプログラミングスクール」に出会えるのでしょうか??

次の3つのポイントをチェックしてみましょう。

本物の生徒の声をキャッチする

ホームページに書いてある「生徒の声」って本物なんでしょうか。もしそうだとしても、悪い評判はまず載せないはず。

「なら信用に値する本物の生徒の声なんてどこで聞けるの?」

そう思ったあなた、まずはTwitterアカウントを作りましょう。そして、Twitterで気になるプログラミングスクールの名前を検索してみてください。

例:

こうやって言ってくれる人がいると、気になってちゃんと調べるようになりますよね。生徒の声以外でも、Twitterは使い方次第でとても有用なツールです。

生徒の成果物

プログラミングの学び始めって、何がどうつながって何を作れるのかわかりにくいものです。そこで、スクールの生徒があげている作品を見てみましょう。具体的にできるようになることが見えてきます。そしてモチベーションもアップ!

成果物をTwitterにあげている人はたくさんいます。気になるスクールを検索欄に入れ、「動画」で検索してみてください。

講師の経歴

プログラミングスクールでは、どのような人が講師をしていると思いますか?現役のエンジニア?それとも引退した元エンジニア?

実は、プログラミングスクールの中には「未経験者」を講師やメンターとして雇っているところがあるんです。

f:id:soybelln:20190628000213j:plain
引用元:リクナビNEXT

ふむふむ......。受講生が自学自習で進めるスタイルで、質問があれば「元受講生」に聞くスクールなんですね?

それで60万も80万もするの?

すごい......😇これだったら、個人的に週1〜2回メンターを雇う方がコスパが良い気がします。

このようなスクールは他にもあるようなので、講師がどういった経歴かはきちんと確認しましょう。

Soyおすすめのプログラミングスクール「ウェブカツ!!」

ここまで長くなりましたが、私の言いたいことはこれだけです。

「お金を稼ぐためにエンジニアになりたいならウェブカツ一択」

webukatu.com

ウェブカツの良いところ

まずは良いところからご紹介します。

素人・未経験にもわかりやすい説明

講師が元営業マンなので説明のプロです。また、未経験から独学でプログラミングを習得してエンジニアになった現役エンジニアでもあるので、未経験者がつまづくポイントがわかっているんですね。

つまづいても挫折しないように、練習メニューが用意されています(鬼練)。

数多くの未経験先輩受講生がウェブカツを受講しながらすでにいくつもの内定を得ている

ウェブカツには卒業試験があります。この試験に合格することは、エンジニア就職や常駐フリーランスになれるスキルがあるという証明になります。しかし、ウェブカツの受講生の中には、まだ卒業していないのに既にいくつも内定をゲットしている人がたくさんいるのです。中には、フルリモート案件をゲットした人も!

つまり、教材自体が実務レベルなんです。

無駄がない教材

教材のレベルが「実務レベル」ということがわかりましたが、ウェブカツは最短6ヶ月ほどで卒業できるプログラミングスクールです(60h/月学習した場合)。つまり、学ぶ範囲としてはかなり絞られているんですね。

初学者はつい、わけもわからずあれもこれもと手を出してしまいがちです。でも、実務レベルで稼げるようになりたいなら、ウェブカツだけでOKということなんです。

エンジニアに必須の「自走力」が自ずと鍛えられる

プログラミング学習は正直言って簡単ではありません。たくさんの人が挫折します。でも、ウェブカツの受講生で挫折している人って実はそんなにいないのです。

まず、ガッツがあって意地でもやり遂げる受講生が多いです。そして、その空気感に鼓舞されてついて行こうとする受講生、また、「ダメだ!乗り越えられない!」となったときに手を差し伸べてくれる受講生がたくさんいます。

実は、その空気感を作り出しているのは厳しい顧問の先生!エンジニアでもあり、経営者でもある顧問によって、ウェブカツは本当の「部活」のようなスクールになっているのです。

アップデートされ続けている

ウェブカツは2015年から始まりました(多分)。HTML・CSSの授業から、JavaScriptやPHPなど、Webサービスを作るために必要な基本のプログラミング言語の教材が揃えられました。

そして2019年に入ってからは、LaravelやRuby on Railsなどのフレームワークの教材が追加されました。これらは実務に入ってからでも充分学べるので、当初はなかったんです。でも受講生としてはこういったアップデートにワクワクしますね!

プログラミング以外の重要なことも学べる

ウェブカツは「フリーランスのエンジニア」になることを推奨しています。フリーランス、つまり個人事業主ですね。

個人事業主には営業としての視点や、経営者としての視点が求められます。ウェブカツでは、そういった個人事業主に必要な知識や考え方なども学べるのです。

ウェブカツの悪いところ

ウェブカツの受講生である私、もちろん悪い面も知っています。しかし、受講前からわかっていたこと&教材の質には関係のないことなので、leave asideしています。ウェブカツ気になるな〜という方が途中で「思ってたのと違う!」とならないためにも、いくつかご紹介しておきましょう。

すぐに炎上する

ウェブカツの顧問であるかずきちさんは、よくTwitterのタイムラインを燃やしています。ウェブカツは、顧問の先生が作ったもので、顧問 = ウェブカツというイメージがあるため、たまにウェブカツの受講生も外部からと口撃を受けます。

でも、ウェブカツ受講生はだいたいスルーしています。

⭐️良い点…スルースキルが身につく

コロコロと色々変わる

最近では利用規約が変わりましたね。と言っても、抽象的な表現が具体的になっただけでしたが。他にも、受講料は頻繁に変わります。部員の種類も増えたりなくなったりします。

受講生や受講を検討している人の中には、振り回されている!と感じる人もいるかもしれません。

ただこれ、経営者の近くにいた人ならわかると思うんですが、普通なんです。経営者は、「これはこうしたらどうだろう。これならどうだろう。」と常に思考しています。そして実際に試してどんどん改善していく。変化を嫌う一般人とはまったく異なるのです。

⭐️良い点...経営者の動きからいろんなことを学べる

浮気ができない

他のスクールやエンジニア関係のサロンに参加することは禁止されています。以前は問題ありませんでした。ただ、受講生の人数が増えて、際限なく野放しにすることがウェブカツにとってリスキーだと判断されたのです。

また、受講生がわけもわからないうちに色々な情報に踊らされてしまうことを防ぐという観点もありそうです。実務で稼ぎたいなら、ウェブカツ一本で充分だよ!ということでしょう。

強制退部させられる

ウェブカツの運営から不適切だと判断された利用者は、なんの通告もなく強制退部させられます。不適切とはどのような状態か。これを具体的に列挙するのは難しいです。

顧問のツイートによると、「ゆるい気持ちで学んでいる人や実務にそぐわない人はどんどん落として退部させていく」とのことです。

目標をしっかり定めて突き進む覚悟を持って入部しましょう。

その他のオススメスクール

ウェブカツだけだと回し者みたいなので、他の良さげな(Twitterで話題の)スクールもいくつかご紹介しておきます。どんなスクールかは自分で調べてね( ›◡‹ )♡

QUELCODE

オフラインがメインのスクールかな?「食える品質のコードを書く人」を育てるという意味だそうです。

quelcode.jp

X-HACK

こちらもオフラインですね。定期的に様々な勉強会を開いています。単発なので、ウェブカツ受講生も参加できます。

x-hack.connpass.com

みなさんの参考になれば幸いです😊