プログラミングスクール「ウェブカツ」は生き物です。気になったときが入りどき!

こんにちワンコ、Soyです。
私はこんな犬みたいな見た目ですが、実は人間の女性です。ウェブカツでは「女性割引」を適用していただき、本入部しました。

今回は、ウェブカツのスピーディな料金改定や、女性割の価格について思うことを書いてみました。

ウェブカツ!!料金表

プログラミングスクール「ウェブカツ!!」には現在(2019年3月末時点)、女性割引を含めて7つの部員種別があります。

部員 入会金 部費 期間 解約
月額 一括

アスリート

(完全月額制)

なし 49,800円  

1ヶ月

(自動更新)

アスリート 108,000円 32,400円  

1ヶ月

(自動更新)

特待生  なし   324,000円 180日 不可
女性アスリート  なし 19,800円  

1ヶ月

(自動更新)

学割

(大学4年生まで)

なし 10,800円   730日

学割

(大学3年生まで)

なし 7,020円   1095日
マンツーマン なし  

540,000円

(分割可)

180日 不可?

それぞれ細かな条件は異なりますが、基本的にみんなほぼすべての講座(部活)を受講することができます。

(と言っている間に顧問の先生が来月からまたいろいろ変わるとおっしゃってましたね!月19,800円以下の生徒は、今後増える部活には参加できない可能性が高そうです。悲しみ)

プログラミングスクール「ウェブカツ!!」はスピーディに変化している!

f:id:soybelln:20190328005519j:plain

私がウェブカツを知ったのは2月の頭(炎上していました)。

ちょうどその頃に女性割引が開始されたようです。私は、2月の半ばから仮入部状態で本入部は3月からにしようと考えていました。

そしてmacのメモリを増設したり、ドットインストールで入門を終えて迎えた3月。女性割引に「ブログとツイッター進捗報告」が条件として追加されていました。

あれ?こんなんあった?なかったよね!?

そして気付いたのです。多分これからもまだまだ条件つくな...と。

案の定、さらに「卒業試験は別額」も3月9日(多分)に追加されました。そして、以前から「部活が増える」と告知されていましたが、いよいよ来月からそれに合わせて段階的に再び料金の改定も行われるようです。

こういった「スピーディな変化」を目の当たりにしていると、「プログラミングの勉強したいな〜ウェブカツ気になるな〜。どうしよかな〜。」なんてボヤボヤしてられませんね😵

多くの人が予想するように、これからも部費は上がり、条件が増えていく可能性は大いにあります。 

女性割は安い!しかし主婦にとっては安くない?

f:id:soybelln:20190328005524j:plain

顧問の先生が度々言及している他社プログラミングスクールの料金とコンテンツ。高額なのに低レベルなエンジニアを排出する悪徳な商売であるとの批判をされています。

私としては、

ほー。そうなんだー!迷う余地なくウェブカツに出会えてよかたなー!

という感じなのですが、実際本当にプログラミングスクールってけっこう高いんですね。そして、ウェブカツは相対的に見ると安いんです。女性割となるとさらに安い。

ただ実のところ、主婦(主夫)にとっての毎月19,800円は実はそんなに安くないんです。

2018年の明治安田生命保険相互会社による「家計」に関するアンケート調査によると、妻が月に自由に使えるお金の平均金額は19,376円でした。足りな〜い!

こちらの調査、全国を対象としているので首都圏とその他では大きな差があると思います。つまり、お金がない主婦はマジでお金がない。

おそらく、「女性割!安いね!」と言われているウェブカツに対して「うちの家計じゃちょっとむずかしいな」と思って足踏みしている主婦の人、けっこういると思います。

そこで「やめておく」か「投資する」か......。

自己投資にかける金額とモチベーション

f:id:soybelln:20190328005515j:plain

ウェブカツは料金改定が度々行われており、人気とともに料金も上がっているというのは前述の通り。人気の理由は、コンテンツの濃さと顧問の先生や先輩部員の熱量だと思っています。

ちなみに、私が過去のブログ記事などを探して見つけた中で一番安い費用だったのは、なんと2018年4月の月額3,980円です!ゼロひとつ間違ってない!?笑

もし私が月額3,980円でウェブカツを受講していたら......おそらく今のように毎日は勉強していないと思います。

ヨガのスタジオに週1回通うより安いんです。なにかと理由を見つけては、「時間が取れなかった」と言っていたかもしれません。あるいは、HTMLとCSSでランディングページが作れたら上々、くらいの気持ちで勉強していたかもしれません。

つまり、(あくまでも私の場合ですが)自己投資額が安ければ求めるゴールもその程度なのです。

ある程度の金額を払うことで、投資として回収しようという意欲が出ますし、やるっきゃない!という気にもなるんですね。もちろん薄っぺらいコンテンツにバカ高いお金を払うのは無意味なので、そこは見る目が必要ですが。

モチベ維持の観点からみても、ウェブカツの女性割引はなかなかのちょうど良い金額が設定されているなぁと思います。

そして、月額19,800円が少し高く感じる層こそプログラミングを学んだほうが良いとも思います。なぜなら、そんな家計の主婦が所得を上げるのは簡単ではないから。

もちろん「プログラミングを学べば確実に高所得!」ではないと思います。でも需要は確実にあるし、近所のスーパーでパートするより、事務のおばちゃんやるよりはきっと稼げます。

なにはともあれ仲間を増やしたい

言いたいことがたくさんありすぎて、まとめられなくなってしまいました...😰とにかく、私はウェブカツで一緒に学ぶ主婦仲間がもっと増えると嬉しいです。

プログラミング学習では多くの人が挫折します。理由の1つに「仲間がいないこと」が挙げられるんですね。

プログラミングはオンラインで学べるのが良い点でですが、同時に孤独でもあるんです。だから、同じコンテンツで学ぶ仲間が増えればきっと一緒に頑張れます!

ウェブカツが良いかどうか。そこで迷っているなら、先輩方のツイッターを片っ端からフォローして判断できると思います。

自分でもプログラミングを習得できるか。そこに自信がないなら、まずは時間をどれだけ確保できるか算出してみてはいかがでしょうか。何事も、かけられる時間だけ成長できると思います。

お子さんがいる方は、時間の確保が本当に大変ですよね...。もうこれに関しては、「こうすればいい、ああすればいい」なんて解決策はありません😥旦那さんよ!もっと手伝ってあげてちょーだい!

そして、お金。ちょっと高いな...くらいならあとはやる気次第だと思うのですが、「ない!まったく!」という人は無理ですよね(笑)。

一応、顧問の先生が資金調達の方法を教えてくれているので、気になる方は参考にしてみるのも良いかもしれません。

ウェブカツで、お互いに切磋琢磨しあえる環境を作れると良いですね♪

webukatu.com

 

(ウェブカツ関係者の皆様、間違いがありましたらご指摘いただけますと幸いです。)